あの子の麦わら帽子

釣り竿で大きな魚を釣ってみる。

釣ることじたいには意味はない。

釣ることは仮定段階でしかない。

では、それを食べることに意味があるのか。

いやそうでもない。

俺がやりたいことは。

大きな魚を釣って、それを竿先の糸の針につけて。

パチンコ店に持ってって、見せびらかすことだ。

あのコーヒーレディも。

あの綺麗な店員さんも。

よくいるパチプロ、よくいるジジババも。

間違いなく、こちらに視線を向けて、仰天するだろう。

そして。

その魚をお店の中で、捌き、調理し、コーヒーレディの女の子に、白いシンプルなお皿に盛りつけ、あのパセリをのせる。

はい、どうぞ召し上がれと。

両手の上にのせた皿をさしだす。

だが。

食べることには意味などない。

美味しいかどうか、それにも意味はない。

その場所、その空間に。

大きな魚を釣り上げ持ってきた、小さな小僧が、それをその場で捌き、料理をしたこと。

この奇行こそに意味がある。

あ、あの子。

あ、わたなべさん。

あ、ワトソンくん。

また、あんなことやっちゃったって。

まぁ、あの子なら仕方ないか。

このお店では、それが肯定される。

俺は、そんな行動が許されるよう、このお店でそういう礎を築いてきたつもりだ。

まぁ、こんなものも妄想で、俺は、このお店のただのお客にすぎないのだが。

そろそろ、みんなは、人生に飽き飽きとしている。

何か騒ぎは起きないだろうかと。

人さまに迷惑をかからない範囲で、誰か、何か、面白いことは起きないだろうかと。

トキメキを。

ワクワクを。

みんなは待っている。

俺は。

今。

立ち上がる。

みんなにトキメキを。

みんなにワクワクを。

このお店に活力を。

すべてのみんなを、元気に出来るような。

何かを。

奇跡を。

起こしてやりたいって。

俺は、そんな突拍子もない妄想ばかりをしていて。

カット的にいろんな未来になるはずの、過去の記憶。

そんなものが見える。

ある時は、コーヒーレディに。

パンを買って。

全部買って。

商品全てを買って。

お店ごと全部買いとって。

その子の勤務のシフト日に。

君のために、今日は貸し切りにしたよ、お客は僕一人。

いつものメロンソーダお願いっ!

そんなことを、にこやかな笑顔で俺は言っているのではないだろうか。

そんなカットが見える。

だが、現実に買い取ったのは全てのパンを買っただけ。

お店も。

全ての商品も。

その子自身も。

俺は自分のものに出来なかったし、結局前々ダメダメで。

カッコイイ自分の妄想や理想像と現実はあまりにかけ離れていて。

それでも、次生まれてくるときは、またこの通過点を通りたいって。

俺の妄想は、現実化されなくていいから。

またこの虚像を浮かべる対したことのない俺が。

強がりの一日を過ごしていたいなと、切に思う。

否。

次生まれてきたらとかではない。

これが次なんだ。

今が次なんだ。

次が今なんだ。

このご時世。

だって。

だって。

だって過去が。

未来の過去が見えるでしょ。

声が聞こえる。

綺麗な女性の、綺麗な声が。

ワトソン君。

わたし。

髪型変えたんだ。

あれ。

あずきさん?

あれ?

しろちゃん?

過去の未来の前世の記憶を。

やはり俺は感じる。

あそこの台で。

マクロスFの台を打っているのは、いったいだれなんだろうか?

いやいや、あの台は、コードギアスの台ではないだろうか?

麦わら帽子を被った女の子で、その帽子が大きくて、台と顔が良く見えない。

俺は、いつも使っている釣り竿と釣り糸で。

ルアーをつけて、その麦わら帽子目がけて、ルアーを投げ込んでみる。

キャスティングっていう奴をやってみる。

うーん、やはり奇行。

うーん、やはり何度も。

何度も。

何度でも、この行動を繰り返している気がする。

そして、その麦わら帽子を見事釣り上げ、その子の顔が露わになる。

あ。

この子は。

生を受け、30年後の未来に辿り着いた俺の待ってた、俺を待ってた笑顔の子だ。

この笑顔。

このショートカットの女の子。

見覚えがある。

それは当然だ。

だって何度も最近目にしている女の子だから。

運命の人だから。

何度、生と死のリセットやスタートを繰り返していても。

ここの地点を通ることは。

奇跡の必然なんだろうって。

そう思う。

この奇跡は必然なんだ。

でも、この必然は奇跡じゃない。

この必然は必然なんだ。

愛おしい人がいる。

愛おしい人を失った。

愛おしい涙を流せなかった。

次は泣きたいあの子のために。

愛おしい人がいる。

愛おしい人に思いを伝えた。

愛おしい人が離れていってしまった。

やっと泣けたよ、愛おしい人のおかげで。

悲しい感情。

苦しい感情。

ドキドキする思い。

それらの生きる心の起伏こそに、人生という歓喜の愉悦があると思う。

そして。

今30年の時がたって。

初めての歓喜。

麦わら帽子をとったその子の笑顔の前に。

やっと会えたねって。

それに対する笑顔の自分がいる。

今までは。

初めてのハズなのに。

何度も繰り返している感覚があったけど。

今は違う。

過去は流れていく。

この有限の時間の中で。

無限に広がる未来をこれから、自分達が作っていくのだ。

流れ行く時という人生の旋律を。

この笑顔の麦わら帽子の女の子と。

危なげなく、その旋律を紡いでいく。

これからの未来。

今までの未来の過去。

それらが、今、全く妄想の中や、想像の中で映らないのは。

きっとそれは、本当の運命だからではないかと。

自分は、今、そう感じる。

アリーヴェデルチっ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。