【詩】テーマ 後悔と復讐 作:(リオ@ぴよさん、晴天の霹靂さん、ワトソン)

作:リオ@ぴよさん テーマ 後悔と復讐

もし、なんて言葉に意味は無い

俺がこれから向かう先は地獄だ

けれどどうか、
叶うなら
これだけは……
これだけは……
覚えてて欲しい
キミを
愛していたことを

忘れないためにも
暗闇へ……
例えそこが、一人でも……
キミを守れるなら
愚かだと笑うだろうか
また、泣かせるだろうか
もし、君が生きていたのなら……

馬鹿な俺を
許して

くれるだろうか

作:晴天の霹靂さん  テーマ 後悔と復讐

「タイムマシンがあったら」
なんて
つきなみなもしも話に花を咲かせた
あの頃

いつからか、つきなみなもしも話だと思うようになっていた

後悔のない人生など存在しない
誰かへの復讐だって考えた

でも
これまで出会った人たちに
出会わない人生は考えられないから

きっとこれでいいんだと思うし
そう言い聞かす

あの時、後悔していなければという後悔も
あの時、復讐していればという後悔も

今の俺には必要ない

今、君が目の前にいる

作:ワトソン  テーマ 後悔と復讐

いつからだろう
人は素直が許されなくなったのは
泣きたいときに泣けばいい
笑いたい時に笑えばいい
怒りたいときに怒ればいい
でも
そんな簡単な感情表現ですら、今となっては素直にできなくて

廊下は走るもんじゃない、とか
図書館はうるさくするもんじゃない、とか
人の話はしっかり聞くべきだ、とか

何も考えず、素直にやりたいことをやったその先に
疲弊や障害が待っている

子供の頃
ぶつかる痛みの後悔に
気をつけようって学ぶ自分が確かにいる

でも、いつしか
痛みを恐れて、
後悔を恐れて、
素直になれない自分がいる

後戻りできない人生に
不可能な復讐を実行することは不可能で
そんな嘆かわしい過去に
頭の中でしか復讐することが出来なくて

後悔も復讐も

プロセスの世界の後に、結果が待っている

もっと、素直になれたら
もっと、強い大人になれたら
もっと、強い子供に戻れたら
先の見えない曲がり角ですら

後悔も復讐も
それら全ての思いを覚悟して
本当の素直になれる気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)