紫蘭の湖1

次へ>>

「鬼ごっこ、知ってる?」

 瀬名がまじめに尋ねるものだから、僕は「当たり前だろ」と言えずに口ごもってしまった。弁当箱のミートボールをつまみながら固まる僕に、瀬名は続けた。

「鬼になったひとは子を捕まえなければならないじゃない? でもね、私は未だに捕まえられてないのよ。」

 ずっと鬼のままなの、と瀬名は言い、紫色の花飾りに触れた。

 瀬名の癖だった。

 言いにくいことや照れ隠しの際に、髪留めとして使っている紫色の花飾りをいじる癖。

 それはすごく自然だったけれど、僕にはすぐわかる。ああ、この話題は話しにくいのか。ああ、今は照れているのか、可愛いやつめ。などなど。

 今回は恐らく前者だろう。窓の外を見る薄い茶色の瞳が、とても寂しそうだから。こんな瀬名を見るのは久しぶりだな。箸でつまんだミートボールを口に放り込む。

 瀬名はイタズラ娘だ。

 小さいものから、時には腰を抜かしてしまいそうな大仕掛けなものまで。僕も何度騙されたものか。でも質の悪いものではなく、いつも瀬名のそれには優しさがあった。

 数学で赤点を取ったとき『今回の試験は難しすぎたから、赤点者も救済されるらしいわ』と瀬名は言った。僕は意気揚々と職員室を訪ね、そしてそのまま補習室へ連行された。失意のどん底から一時的とはいえ僕を救い、それだけではなく学力向上に一役買ってくれた。

 うん、素晴らしい。

 みんなが嫌いな授業の時にはチョークや先生の教材をすべて隠し、授業を阻止したこともあった。それが数学の授業で、阻止されたから僕が赤点を取ったわけだが。まぁ、良しとしよう。

 優しいイタズラ娘は、いつも僕らのリーダーだった。みんなが嫌がる仕事は率先してやったし、クラス委員も務めた(先生は断固反対していた)。まぁ、その立場を利用してさらにいたずらをしたのは言うまでもない。

 うん、素晴らしい。

 策士め。と

 彼女はイタズラをこよなく愛し、そして僕らはそんな瀬名を好きになった。

 中にはイタズラされたくてうずうずしている奴もいる。そんな奴は将来ましな大人になれないだろう。そして瀬名も、「イタズラしてください。さぁ、どうぞ!」と、待ち構えている奴には決して手を出さなかった。僕が、両者同意の上だからいいじゃないか、と聞くと、彼女は、ありえない! と大袈裟にため息をついて見せた。

『相手を驚かせたくてやっているの、私。それがないなんて、まるでハズレのない宝くじみたいなものよ』

 スリルがないわ、と言った。

 買えば必ず当たる宝くじも中々捨てがたいと思う僕は、彼女に言わせてみればゆとり教育の産物らしい。

 スリルがないわ。

 そう言われた気がする。

次へ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)