紫蘭の湖7

<<前へ 次へ>>

彼女の今までの言葉がパズルのように合わさっていく。

 そして頭の中に、やはり泣き出しそうな女の子の絵が完成しつつあった。

「それじゃあ、今から探しに行く子は、その、もう」

 言い淀んでいると、瀬名は明るく言った。

「いいえ、この先にいるのよ、きっと。何故かそんな気がするの」

 手を後ろに組み、くるりと振り向いた瀬名はおどけたように言った。

「言っておくけど、私、霊感なんてないから安心して」

「そんな変な顔で言われても」

 僕は言った。

 すると彼女は、何を言っているの? と、さらにおどけて見せた。

「こんな可愛い子をつかまえて、なんて失礼な」

 ひょうきん者め。

 それにね、と瀬名が続ける。

「今日は、あなたが一緒だから」

 だから、大丈夫。

 そう言って、柔らかい笑みを浮かべた。

 そして、僕の目を見つめながら、垂れ下がった枝葉のカーテンを開け、ようこそ、と言った。

「ようこそ、私のとっておきの場所へ」

 僕の目に飛び込んできたのは、ひとつの絵画のような世界だった。

 しだれ柳のカーテンの向こうに広がっている光景に、思わず息をのんだ。

 魅了された。

 ただ、一瞬。

 心が奪われるには、それだけで十分だった。

 ―――湖。

 開けた場所の中心に、大きな湖があった。

 水は澄んでいて、ここからでも底が見える。

 穏やかに吹く夜風が、水面を静かに揺らす。

 そして、その湖を囲むようにして自生している、紫色の蘭。

「きれいだ」

 簡単に、そんな言葉が出てしまうほどに。

 水面に蘭の花と星空が映り、表現できない美しさがあった。

 そりゃあ、息だって飲むさ。

 小石を投げ込むだけで壊れる儚さ。

 足を踏み入れるのさえ躊躇う、その美しさ。

 瀬名が口を開くまで、僕は名もなき名画に見入っていた。

「え、きれいでしょう」

 瀬名が言う。

「うん、これはびっくりだね。とてもきれいだ」

 とっておきにしたくなるね、と僕は答えた。

「ここに来るのは久しぶりなのだけれど、やっぱり素敵な場所だわ」

「まさか、イタズラ娘がこんなところを知っているなんて思わなかったな」

 冗談めかして言うと、彼女は空を仰いだ。

「お父さんがね」

「うん」

「お父さんが、大好きだったのよ。私のイタズラが」

「君のイタズラを?」

「ええ、そう。瀬名のイタズラは元気になる、なんて。イタズラをするたびに、お父さんが喜んでくれたの」

「賛同しがたい教育方針だ」

「あら、そんなマイノリティな教育の賜物が私なのよ」

 僕が言うと、失礼しちゃうわ、と瀬名が笑った。

「お父さんが大好きだったから、私はイタズラ娘を続けたの」

「つまり?」

「私がたくさんイタズラをしていれば、遠くにいるお父さんにも分かるんじゃないかと思ったの」

 あなたの娘は元気ですって。

「だからサドルを隠したりしたんだね」

「そうね、思った以上に楽しめたわ」

 二人で小さく笑う。

「届いているかな」

 お父さんに。

 独り言のようにつぶやいた彼女を見る。

 星空に思いを馳せるその横顔は、どこかすっきりしているように見えた。

 イタズラ娘がイタズラ娘である理由。

『あなたの娘は元気です』

 笑い合うことも、抱きしめ合うことも叶わないひとに、瀬名はいつも話しかけていた。

 煌めくだけで、決して答えてくれないお父さんに。

 優しさに満ちたイタズラで。

『あなたの娘は元気です』

 届かない思いが、

 いつか、届くように。

 お父さんの大好きなイタズラで。

 瀬名は星空を仰ぎ見たまま、湖の方へと、一歩、また一歩と歩んだ。

 星はあんなに高いところで輝いているのに、どうしてか、星と彼女の距離が近くなるように思えた。

<<前へ 次へ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)