紫蘭の湖8

<<前へ 次へ>>

こげ茶色のローファーが透き通った湖に向かうたび、彼女の顔は穏やかになっていった。

 ふと、紫蘭の前に来て、瀬名の足が止まる。

「子を捕まえたらね」

 静かに湖を見る。

「私はもう鬼ではなくなってしまうのね」

「うん」

「じゃあ、これで、鬼ごっこは終わってしまうのね」

 瀬名が花飾りをそっと撫でる。

「瀬名?」

「何故かしら、少しだけ寂しいのよ」

 皮肉ね、と彼女が続ける。

「ずっとお父さんを捕まえたかったのに、いざそうしようとすると躊躇ってしまう。何度もここにきては帰る。その繰り返し。今までずっとお父さんとあそんでいたようなものだったから、それがなくなると思うと」

 やっぱりね。

 細い眉を八の字に、瀬名が力なく笑った。

 なんとなく。

 本当になんとなくだけど、彼女が僕を連れてきた理由が分かった気がした。

 何度もお父さんを捕まえようとしたイタズラ娘。

 けれど、もう少し遊びたかった鬼。

 そんな葛藤に板挟みにあった背中を、誰かにちょっとだけ押してもらいたかったかもしれない。

 本当になんとなく、そう思った。

 だから、少しだけ、ほんの少しだけ押してみるね。

「ねえ、瀬名」

「なに?」

「瀬名のお父さん、もういい年だと思うんだよ」

 だからね、と言う。

 そんな僕の話の意図が見えずに、彼女は首を傾げた。

「だから、いつまでも鬼ごっこなんて子供の遊びはしてられないんだよ」

「そうかしら」

「うん、きっとね。ひとり天国で鬼ごっこなんてしていたらさ、まわりのひとに変な目でみられちゃうよ。そんなもので済めばいいけど、神様なんかに目をつけられたら危険人物として認識されて、もしかしたら生まれ変わらせてもらえないかもしれないよ?」

「無慈悲な神様もいたものね」

 瀬名がほほ笑む。

「世に危険人物を送り出すよりはいいと思うよ」

「ちょっと。ひとの父親を危険人物扱いしないでもらえるかしら」

 自慢のお父さんなのよ、と言いながら笑い出した。

 さらに、僕が「だって考えてみてよ。雲の上で必死に捕まらないように逃げ回っているんだよ?」というと、「もう、やめてよ」と、声を出して笑い出した。

「それにさ」

「それに?」

 目尻の涙を拭う瀬名をしっかりと見据えた。

「いつまでも鬼ごっこしてたら、僕が他の遊びに誘えないじゃないか」

 瀬名の柔らかな唇から「えっ」と、声が漏れる。

「君と遊びたがっている男の子もいるってことだよ」

 ここにね、と僕は続けた。

 すると彼女は照れくさそうにうつむくと、小さく笑みを浮かべ、大きなため息をついた。

「鬼ごっこの次は缶蹴りかしら」

 花飾りを撫でながら。

 照れているのか、可愛いやつめ。

<<前へ 次へ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)