紫蘭の湖9

<<前へ 次へ>>

「そこにいて」

 瀬名はそう言うと、大丈夫、大丈夫とつぶやいた。

 赤子をあやすような穏やかな声色で、自分に言い聞かせていた。

 そして、ローファーと紺のソックスを脱ぐと、ゆっくりと星の湖へと足を入れた。

「瀬名?」

 思わず駆け寄る。

「大丈夫よ、この湖は底が浅いの」

 自殺するとでも思った? と君は笑うけどさ、こっちは肝が冷えたよ。まあ、いたずらっぽく舌を出した横顔が可愛いから許すけどさ。

「湖に入って何をするの?」

「決まっているわ。お父さんを捕まえるのよ」

 膝まで湖に入った瀬名が言う。

 五月とはいえ、夜の水は冷たい。

 時折体を震わせながらも、どんどん進んでいき、気が付けば水は太ももまで達していた。

 穏やかな夜風が、彼女の髪を撫でる。

 月明りに照らされ、さらさらと揺れる黒髪は艶めいていた。

 湖の中で星空を仰ぎ見るその姿はどこか神秘的で、彼女を含め、ひとつの絵画のようだった。

 瀬名がゆっくりと目を閉じる。

「……お父さん」

 そして、両手をそっと湖に差し入れて、すくうようにして持ち上げた。

 風がやむ。

 水面の揺れがおさまる。

 水を打ったような静けさ。

 虫の音も、蛙の歌も聞こえない静寂に包まれた世界で、瀬名の声が透き通る。

「お父さん、つかまえた」

すくい上げた水の中で輝く、夜空の星。

彼女のイタズラをこよなく愛したお父さんは、いま、鬼に捕まった。

<<前へ 次へ>>